2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

--.--.--.-- --:--   スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしかったらポチしてね♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへ
2015.04.26.Sun 21:54   インコが飼いたい
インコとの出会いも相当古いユーです。こんばんは。
中学生の時、迷子のインコを保護してからですから…ゲフン、若かりし頃の話ですw
ノーマルのブルーだったんじゃないかと思います、蒼い羽がきれいな子でした。ハルクインではなかったと思う。タブン。
半手乗りのような感じで、呼べば返事はしますが機嫌が悪いと絶対手には近づかなかったなぁ

父の会社の人が飼っていたルチノーを預かり(新婚さんだったんですけど、奥さんが妊娠して…オウム病がうるさくいわれてた時期もあって泣く泣く我が家にやってきたんです)ペアリングしたらうまくカップルになってくれて、かわいい雛も生まれました。
ある夏の日に生まれた雛のうち、アルビノの子だけ育児放棄されてしまってたのを巣上げして育てたこともありました。
ちょうどお盆休みで旅行に行くことになってたけど、その子だけ置いていけないからって、シッカロールの箱にティッシュを敷き詰めてエサとお湯を持って連れて行ったんですよね。

そうやって我が家にきた子はもらわれていったり虹の橋を渡っていって…最後に残ったのは私が保護した子でした。
10年近くいてくれたんでしょうか…ある日の朝、エサを吐き散らかしていておかしいと思っていました。
社会人だった私は仕事を休むわけにも行かず、その日は仕事が手につきませんでした(苦笑)
母が看病してくれて、帰宅した時は朝より元気そうに見えたんです。
深夜まで心配で起きてたけど、明日も仕事だから寝なさいといわれて…私は彼の死に目にはあえませんでした。
泣きました。目が解けちゃうんじゃないかってくらい泣きました。
今でも思い出すと泣いてしまいます。

しばらくは気持ちが向かなかったのもあります、仕事が忙しかったり転勤があったりで、余裕もなかったですし。
でもここ最近、インコが飼いたくて仕方がありません。
きっかけは、某ネットゲーユーザーでコザクラインコを飼っている方のブログをたまたま見たことでした。
たくさんのかわいらしい写真、コザクラのかわいさにハート鷲づかみでしたw
それからあちらこちらのブログを見て回り…インコを飼う決意をしました。

でもその前にブランクが大きいことや、なんていうか、私が子供の頃ってここまできめ細やかにインコを飼うことがなかった気がしますが、そういう意識の部分から勉強しなおす必要がありそうです。
またインコといってもどの子にするか。
コザクラ、セキセイ、サザナミ、マメルリハ…それぞれ一長一短あります。
成鳥にするか、雛から育てるか…
自分の生活環境やら考えるとまずはシミュレートして改善点を洗い出して、それから、かな…

なんか、旦那の会社で飼ってる亀も引き取らないといけないかもしれないって話しだし、我が家いったいどうなるんだろう…(汗

問題点山積みだけど、考えるのはすごく楽しいですね。
インコとの生活、楽しみです。
スポンサーサイト
よろしかったらポチしてね♪
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村 その他ペットブログ アカミミガメへ
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。